TOP>管理職の仕事実践術>6.コミュニケーションを促進する>(5)実行段階のコミュニケーション b.動機づけ〜部下のやる気の低下に対処する〜
 管理職の仕事実践術
 6.コミュニケーションを促進する

(5)実行段階のコミュニケーション
 
〜部下のやる気の低下に対処する〜(2012/12/01)
  b.動機づけ

 人が仕事をしていく上においては、時としてやる気を失うことがあり、これは多くの人が経験していることだと思います。やる気を失う原因としては、仕事の意義を感じられないとか、目標水準が自己能力のレベルを大きく超えている、裁量がほとんど与えられないことによる自己決定感の欠如、職場の人間関係の悪化などというように様々な事が考えられます。上司のマネジメント行動如何では、それらの内のいくつかは解決可能でしょう。しかし、そうした要因の全てを完全に取り除くことは現実には不可能であり、仕事というものは一定程度の忍耐が必要なものです。そして多くの人はそのことを理解しているはずです。とはいえ、やはり人間は感情の生き物ですから不安を持ったり不満を持ったりすることがよくあります。上司としては、部下のそのような不安や不満に耳を傾ける姿勢が必要です。完全な解決は不可能であるからといって聞く耳を持とうとしないのでは、部下のやる気は低下する一方です。実は、不安や不満というのは聴いてあげるだけでもある程度は解消されるものです。不安や不満を言葉にすることによって精神上の安定が得られることを精神分析の用語では「カタルシス効果」と呼んでおり、これは「心の浄化作用」とも言われます。また、不安や不満というものは、中には本人の単なるわがままに起因していたり、道理に合わないような思考の結果であったりすることも時には見受けられます。不安や不満を言語化することによって当人は自分の思考や感情を客観視できるようになりますから、みずから考え方を修正することに役立つということもあります。
 では、どのような姿勢で部下の不安や不満を聴いてあげるべきなのか、次回は「アクティブリスニング」の手法を紹介します。


 

                             

カテゴリーTOP
管理職の仕事研究所 人材開発/経営コンサルティング インテレッジ
(C)2012 intelledge

 TOP  過去のトピックス  プロフィール  管理職の仕事実践術  研修サービス  コンサルティング  お問い合わせ  

インテレッジTOP
トピックス(過去分)
プロフィール

管理職個人の方
管理職の仕事実践術

法人・団体のお客様
研修サービス
経営コンサルティング
お問い合わせ

For Learning and
Thinking