TOP>管理職の仕事実践術>6.コミュニケーションを促進する>(3)割当て段階のコミュニケーション〜理由を語る〜
 管理職の仕事実践術
 6.コミュニケーションを促進する

(3)割当て段階のコミュニケーション〜理由を語る〜(2009/11/28)

 仕事を部下に割り当てる際には、当然ながらコミュニケーションによって指示することになりますが、割り当てる仕事が当人にとってわかりやすく、達成可能性を見込むことができ、さらに、個人的利害を満たすものであれば、最少のコミュニケーションでよいかもしれません。しかし、そうでない場合には綿密なコミュニケーションが必要になってきます。わかりづらい、複雑な仕事であれば、それをわかりやすく表現しなければなりませんし、難易度の高い仕事であったり、本人の気の進まない仕事であったりすれば仕事の意義を説いて納得を引き出すような話し方をしなければなりません。仕事というのは、必ずしもやりがいに満ちたものであったり、本人の好む仕事であったりするわけではありません。中には地味な仕事や、単純労働に近い種類のものもあるでしょう。しかし、そうした仕事も組織にとっては必要なものであり、その仕事の意義というものがあるはずです。一見つまらなさそうな仕事であっても、その意義をきちんと部下に伝えることが必要です。また、達成に困難を伴う場合は特にそうなのですが、新たな仕事に取り組ませる場合は、なぜ新たな取り組みを開始しなければならないのか、その理由を語る必要があります。仕事の意義や、それをやらねばならない理由を理解できなければ、部下にとって上司の指示は受容しがたいものになってしまいます。
 理由を語るー、部下に仕事を割り当てる際には必ずやっていただきたいと思います。






                                

カテゴリーTOP

管理職の仕事研究所 人材開発/経営コンサルティング インテレッジ
(C)2009 intelledge

 TOP  過去のトピックス  プロフィール  管理職の仕事実践術  研修サービス  コンサルティング  お問い合わせ  

インテレッジTOP
トピックス(過去分)
プロフィール

管理職個人の方
管理職の仕事実践術

法人・団体のお客様
研修サービス
経営コンサルティング
お問い合わせ

For Learning and
Thinking