TOP>管理職の仕事実践術>5.部下のやる気を引き出す>(9)「褒める」を考えるA
 管理職の仕事実践術
 5.部下のやる気を引き出す(リーダーシップの発揮)

(9)「褒める」を考えるA
 〜部下を褒める必要はない (2012/01/18)

 私はサラリーマン時代、あまり部下を褒めることはしていませんでした。残念ながら、自分の預かる部門の業績は、お世辞にも良かったと言えることが少なく、部下の成績は目標を下回ることがほとんどであったためです。しかし、こうした私の姿勢に対しては、部下の側から見れば不満が多かったのではないかと思います。
 ある日、部下の一人が、顧客に提出する報告書をまとめたので見てほしい、と言ってきました。私は、一通り目を通して「ご苦労さん」とだけ答えて部下を帰しました。しかし、この部下は、一旦席に戻ったものの、すぐに立ち上がって私の方に再びやって来ます。「どうして褒めてくれないんですか!?」 顔を少しこわばらせてそう言うのです。私から見れば、褒めるほどの内容ではないのですが、その部下にとっては褒められるべき仕事であると自己評価していたわけです。つまり、私が設定している基準には達していなかったものの、その部下にしてみれば、少なくとも自分の考える達成基準は満たしている、自分はやり遂げたのだという感覚を持っていたのです。その時私ははっとしました。自分の設定する基準だけで部下を評価していたのでは、目標達成に困難が伴うのが一般的であるこの時代、私の部下はほとんど褒められる(=肯定される)機会のない状況が続いているのだと気がついたのです。いくら成果が上がっていないからと言って、常にこれでは部下の意欲を阻害することになってしまいます。
 私はもっと部下を褒めてあげなければと反省しました。とはいえ、褒める習慣の身についていない人間が、部下のことを褒めようとしても、どうしてもぎこちなく、わざとらしくなってしまいます。わざとらしい褒め方は逆効果だと言われています。統制の手段として褒めていることが部下にも伝わってしまい、しらけたムードになってしまうのです。
 そこで、私は悩みながら考え抜きました。結論は、必ずしも部下を褒める必要はない、と言うことです。

                           

 カテゴリーTOP
管理職の仕事研究所 人材開発/経営コンサルティング インテレッジ
(C)2012 intelledge

 TOP  過去のトピックス  プロフィール  管理職の仕事実践術  研修サービス  コンサルティング  お問い合わせ  

インテレッジTOP
トピックス(過去分)
プロフィール

管理職個人の方
管理職の仕事実践術

法人・団体のお客様
研修サービス
経営コンサルティング
お問い合わせ

For Learning and
Thinking