TOP>管理職の仕事実践術>3.問題を解決する>(6)業務を効率化する@なぜ効率化が必要なのか
 管理職の仕事実践術
 3.問題を解決する
(6)業務を効率化する(2017/06/30) @なぜ効率化が必要なのか

 業務を効率化すべきという考え方は普遍的なものであると思いますが、そもそも、なぜ効率化を図る必要があるのでしょうか。
 そこには、次のような理由が考えられます。

 業務の成果をアウトプットとし、そのために必要な取組をインプットとしますと、次のような公式が成り立ちます。

 アウトプット=インプット×効率

 企業や組織は、売上や利益、顧客満足度の高さなど、出来るだけ多くのアウトプットを得ようと活動しています。そのためにはインプットを多くすると同時に効率を高めることが必要です。インプットは「量」として表すことができますし、効率は「質」であると言っても良いでしょう。「量」は、労働時間の長さのように測定しやすい反面、「質」は必ずしも見えやすいとは言えず評価しづらい面があります。働く側としてもそのことを半ば意識していますから、インプット(労働時間)が長いことはたくさん働いているという評価の獲得につながるであろうと考え、長時間労働が美徳のように認識されていたのです。しかし、これでは働く側が疲弊してしまう可能性が排除できません。かつては、長時間労働を忌避して離職していた社員の穴埋めは比較的容易でしたが、人口が減少している我が国では、代わりとなる人材を確保することがままならなくなってきました。つまり、インプットの大きさばかりを重視する組織には人が集まってこないと言うことです。
 そこで、近年は、インプットの大きさはほどほどにして効率を高めることが重視されるようになってきたのです。
 上記の公式の両辺を効率で割ると次のような公式になります。

 インプット=アウトプット/効率

 インプットを減らすためには、アウトプットを小さくするか、効率を高める(または、その双方を実現する)ことが必要です。
 アウトプットは生み出すべきもの(=What)であり、効率は仕事の進め方(=How)であると表現することができます。
 次回では、Whatを少なくするためにはどうすべきかを考えたいと思います。

                               

 カテゴリーTOP
管理職の仕事研究所 人材開発/経営コンサルティング インテレッジ
(C)2017 intelledge

 

インテレッジTOP
トピックス(過去分)
プロフィール

管理職個人の方
管理職の仕事実践術

法人・団体のお客様
研修サービス
経営コンサルティング
お問い合わせ

For Learning and
Thinking