TOP>管理職の仕事実践術>2.業務を管理する>(5)割当において留意すべき事 B成長の視点からの割当
 管理職の仕事実践術
 2.業務を管理する

(5)割当において留意すべき事
 〜B成長の視点からの割当(2011/05/09)

前回までは、仕事の質を高めるという観点から割当を考えてきましたが、こうした視点のみにおいて割当を考えることには問題があります。なぜなら、その仕事が要求する能力を十分に身につけているメンバーのみが常に当該業務を担当することになり、その能力を持っていない人は少なくとも当面の間、その仕事を覚える機会が与えられなくなってしまうからです。優秀なメンバーとそうでないメンバーの差がはっきりしているような組織というのは、こうした割当に原因があるのかもしれません。要求されている能力が明らかに低いのでない限り、多少の能力不足があってもその仕事をやらせてみることでメンバーの能力を向上させることが可能になるわけです。ですから、割当においては成長の視点も合わせて考えたいところです。

また、このことは次のように言い換えることもできます。部下に仕事を割り当てる時には、その部下の能力を少し上回る目標設定をすることが望ましい、と言うことです。当然期待されるであろうアウトプットに、その部下にとって未経験の、プラスアルファの成果を求めてみることです。うまくその目標をクリアできたとすれば、部下にとっても成長感を味わえるはずです。


        

 
カテゴリーTOP
管理職の仕事研究所 人材開発/経営コンサルティング インテレッジ
(C)2011 intelledge

 TOP  過去のトピックス  プロフィール  管理職の仕事実践術  研修サービス  コンサルティング  お問い合わせ  

インテレッジTOP
トピックス(過去分)
プロフィール

管理職個人の方
管理職の仕事実践術

法人・団体のお客様
研修サービス
経営コンサルティング
お問い合わせ

For Learning and
Thinking